おかげさまで 地域と共に74年  これからもよろしくお願いいたします。   『信頼・責任・協力』  すべては幡羅中生徒のために 
 今こそ地域とともに、地域を支え、地域を元気にするチーム幡羅中
                
 

幡羅の郷

幡羅の郷
2020/10/09

深谷市のGIGAスクール構想を見据えて

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務主任
 「GIGAスクール構想」という言葉を最近よく耳にしませんか。文部科学省が推し進める、一人一台タブレット端末と大容量の通信ネットワークが整備される取組みです。深谷市でも、近隣の市町村の中ではいち早く、10月頃から順次皆さんの手元に届くように整備が進められています。本当にありがたいことですね。

 幡羅中でも、先生方は準備を進めています。学校研究課題として、臨時休校中の動画作成、どのように授業に取り入れるか、また生徒がPCを活用してノートやレポートや学習プリントを作成提出したり、写真画像を取り入れたり、またアプリを活用、自分に最適な学習問題に取組みそれが記録できたり、学習のまとめをPC上で発表したりと活用の可能性は無限です。今こそ、新しい学びの姿が求められています。また、今回のような臨時休校や災害時でも遠隔による授業にはPCは必要不可欠です。

 国際的なアンケートによると、日本におけるICTの活用、すなわちPC端末は、ゲームをするものという子ども達が極端に多く、他方、諸外国では、PCを使って宿題をする、学校の勉強のためにインターネットを使う割合が日本の3倍以上という現状であり、遅れているといわざるを得ません。海外のようにPCとは鉛筆やノートとならぶマストアイテムであるという認識にまで高めることが必要です。

 反面、SNSに関しては、生徒の皆さんの周りに深刻な課題もあります。それはスマホ等の約束が守られていないということがあることです。インターネット上には面識のない人と簡単に知り合い気軽に交流できるサービスが多数あり、トラブルに巻き込まれる事案が発生しています。学校内でも悪口や写真を勝手に投稿して問題になったケースもあります。もう一度、ご家庭で携帯電話等の使用についての約束を話し合い、どのような使い方をしているのか必ず把握し、適切にしようしていただくようお願いします。

10:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/08/18

2学期のスタートに向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務主任
 皆さん改めましてこんにちは。
 本日令和2年度の夏休みが終わり、2学期が始まります。どうぞよろしくお願いします。夏休み中、皆さんや保護者の方たちのご協力で、熱中症やコロナ疑いの発熱等の報告もなく、交通事故もなく、無事に元気に、このように皆さんが登校できて2学期を迎えられることに、感謝申し上げます。
 現在市内外で感染がおきており、今後もどの家庭でも、どこの学校でも、クラスでも、部活動でも感染やクラスターがおきる可能性はあるという危機感をもって生活をお願いします。
 これからも、今まで以上に、マスクをし、3蜜をさけ、教室の換気やソーシャルデイスタンスを心がけましょう。そして、体温を毎日測り、体調の悪い人は、無理をして登校したり、部活動をしないことが大切です。自分も家族も感染するかもしれないという気持ちをもって、感染防止対策をとりましょう。感染確率の高い場所やイベント等に参加しないこと、できるだけ不要不急の外出は自粛しましょう。
 そして、先生方も消毒を徹底していきます。

 2020年令和という元号にも1年たち、慣れてきた感じがしますね。令和という年号は、万葉集から の出典であり、万葉集は日本最古の歌集ですから、農民から、公家、天皇まで身分に関わらず、歌われた有名な歌集です。大伴の家持のお父さんが大伴の旅人(たびと)によりもととなった歌は、奈良時代ではまだめずらしい、中国から伝わってきた梅の花をめでて

 『新春のれいげつにして  きよく風和らぎ』 
(意味は・・・ 時あたかも新春のよき月、は美しく 風は柔らかに)

 万葉集の歌は、梅の花の美しさをたたえていることを踏まえ、全国手話研修センターでは、令和の手話表現を、つぼみが開いて花が咲くように指先をつぼめ、ゆっくりと開く、これで令和とすることを決定したそうですね。海外では、年号という仕組みがあまりないので、イギリスでは早速「令和」が一般的には「order 秩序」とか、「command 指令」という意味でつかわれているという、先走った報道をされたようです。
 外務省は正確に理解してほしいと、令和には、『beautiful harmony 「美しい調和」』という意味が込められていると説明するよう各国の大使に指示したようです。

 令和という時代は今まで以上に大きな変化があるといわれています。先行きが不透明、気候変動や異常気象、未知の感染症、想像できないさまざまな課題に立ち向かうには、美しく調和する、ワンチーム になる、協力して立ち向かう、「チーム幡羅中になる 」、自分のためにだけでなく仲間や家族のために思いやりをもち行動する。まさしく今このとき、必要なことですね。多様な意見を受け入れる、答えがひとつでない事柄に皆で取り組んでこのコロナの問題を解決しましょう。終わりは必ずきます。

 2学期のスタートにあたり、
 3年生は入試にむけて、自分の責任と努力で、自分にあった高校への入学を果たしましょう。
 2年生は、部活動や学校の中心となり力をため、伸ばす時期です。
 1年生は中学校生活になれ、自覚と実力をみにつけ、互いに協力して各行事を大成功させましょう。

08:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/07/27

令和2年度 1学期のまとめの時期になりました!

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務主任
 
 
令和2年度の1学期もまとめの時期を迎えました。生徒の皆さんは4月から、いや昨年度末から本当によく頑張ってきました。今日までとても長かったような気がします。
通常の授業が6月に始まるまで、臨時休校中の動画視聴やプリント学習等も大変よく頑張りました。
現在、新型コロナウイルスの感染者は、埼玉県でも本日(23日)も64名と、増加している中、まだまだ油断できない状況です。南西部の県立高校や他市の小・中学校でも、感染者が出て、臨時休校の学校も複数出ています。実際、深谷市内でもPCR検査を受けている生徒や保護者、職員もおられ、これからは陽性者が出ることも想定して、深谷市全体で感染防止に努めています。
幡羅中学校でも、毎日、検温、健康観察、手洗い、うがい、消毒、そして換気、密をさけて、通常の授業、部活動を実施しています。保護者の皆さんも毎日不安な中、学校に送り出してくださり、本当に感謝申しあげます。
今までは、当たり前と思っていたことにも、無事に学期末を迎え、授業や定期テスト、部活動ができる喜びを改めて感じています。

夏休み中も、私達自身の進路のため、学校生活を守るため、大切な人を感染から守るため、医療従事者等の社会のために働いてくださる方の負担を少しでも少なくするために
○ この4連休も体調管理を行い不要不急の外出はさけましょう
○ 部活動は体調の良い人だけが参加しましょう
○ 検温カードを必ず持参して、顧問の先生に見せましょう
○ 3日以上発熱・体調が悪い生徒や、家族の方がいる場合は学校や担任に連絡願います

○ 「チーム幡羅中」で頑張りましょう
地域の皆さんも生徒の皆さんのことを心配し、応援してくださっています。

1,2年生は8月1日からは、部活動も市内練習試合が解禁となります。(保護者の方には参観していただけませんが)より、感染防止、また熱中症防止に1人1人が留意して活動しましょう。
3年生は17日までの夏休み期間中に、3者面談や学校説明会、本格的な受験勉強の開始ですね。誰よりも健康に気をつけ、「夢や志にむけて、毎日勉強」頑張りましょう。
保護者、地域の皆様、今後とも宜しくお願いします。 校長
 

18:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/06/01

分散登校明けの学校生活開始について

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務主任
いよいよ通常登校が開始します

 15日(月)からいよいよ、新しい生活様式での学校生活、通常登校が始まります。幡羅中全校生徒での学校生活や授業や部活動が始まります。ようやく令和2年度の学校が正式にスタートするように感じます。本当にこの日を待ち望んでいました。先生方もこの日を迎えられてうれしいです。
 生徒の皆さんは今までは奇数グループ、偶数グループの分散登校で、今ひとつ元気が出ない、慣れない少人数での授業や給食、清掃、休み時間でした。しかしこれからは、幡羅中全生徒が登校となるので、ほぼ通常通りの学校生活となります。学級の仲間と親交を深め、1年間をかけてどのクラスにも負けない学級を作り上げてください
 ここで、ほぼ通常通りの学校生活に戻る中で引き続き継続してもらいたいことがあります。それは「検温、健康観察」と「こまめな手洗い、消毒」です。幡羅中では引き続き、生徒のみなさんの登校の際には検温の確認と健康観察を行います。体調が思わしくなく悪い場合は、遠慮なく先生方に申し出てください。休み時間の手洗いや消毒も今まで以上に積極的に行いましょう。密にならないような登下校、休み時間の過ごし方も考えてみてください。
 また、学校でも校地内や教室内の密を少しでも防ぐために、左右前後の座席の間隔を最大限空けたり、教室の窓や入り口を開けて換気する、給食での運搬は学年で時間差をつけるなど、様々な取組をしていきます。これまで以上に帰りの会や部活動の終了後に教職員が校舎内を消毒したり、感染防止に向けて取り組んでいきます。保護者の皆さんもご心配かと思いますが、新しいwithコロナの生活様式に慣れ、1日も早く授業が順調に進むよう、ご理解ご協力をお願いします。
 再び活気あふれる幡羅中学校に戻れることを教職員も願っています。共に頑張っていこう!「チーム幡羅中」

00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/04/15

令和2年度のスタートにむけて

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務主任

 
 令和2年度がスタートしました。どうぞよろしくお願いいたします。校長の島﨑です。2,3年生の生徒の皆さん、進級おめでとうございます。新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。保護者の皆さんには、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、多くのご心配やご迷惑をおかけしております。

 4月2日に埼玉県大野知事から、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、県立学校で4月12日まで臨時休業が延長されました。深谷市では、6日現在では市内全学校で、以下の通り行うことになりました。
   

  8日 入学式(時間や内容を短縮して、十分感染予防対策を講じる)
      始業のつどい(学年ごとに、場所、時間をわけて、十分感染予防対策を講じる)
  
  9,10日は臨時休業中の登校日 3時間 給食なし(登校しなくても欠席とはなりません)
 
  13日から、通常授業(部活動あり:換気につとめ、密集したり、近距離での活動を禁止)

これらは、現在の時点での、決定ですので、変更がある可能性があります。今後もHPを注視していただく様お願いいたします。(新入生の保護者の皆さんには8日に連絡メール登録を)
今後も、学校として、国、県、市の指導のもと、生徒や保護者、家族の皆さん、教職員の健康安全を第一に取り組んで参ります。どうぞご理解の上、ご協力をお願い申しあげます。
                    
刻々と状況が変化していく中で、最善の方法を共に考えながら、対応してまいります。今後とも宜しくお願いします。 地域の皆様もどうぞご自愛ください。

15:27 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
平成30年度 学校長あいさつ

                                                                    あ  い  さ  つ
                                                                                       校長 島﨑 祐子

   「信頼・責任・協力」 

      すべては幡羅中生徒のために、チーム幡羅中
                       

 開校72年目を迎える幡羅中学校は、これまで文武両道、学習や部活動、行事に

、大きな成果をあげ、伝統ある「幡羅魂」に磨きをかけてきました。
 

 本年度も、校訓である「信頼・責任・協力」を基軸に据え、「すべては幡羅中生徒の
ために チーム幡羅中」のもと、生徒、教職員、家庭や地域がチームとなり、協働して、
取り組みます。全教職員が学校教育目標「高く志を抱き心豊かにたくましく生きる生
徒の育成」を目指した教育活動を、ベクトルを統一して推進していきます。
 
 21世紀は情報化、グローバル化といった社会的変化が人間の予測を超えて加速度的
に進展し、人工知能やインターネットに影響される時代の到来が私たちの社会や生活
を大きく変えていくとされています。


 こうした中で学習指導要領等の改訂にあたり、今まで以上に、子供たち一人一人が社会に主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して、自らの可能性を発揮し、あらゆる他者を価値ある存在として、共に協働できるなど、幸せな人生の創り手及びよりよい社会の創り手となっていけるようにすることが求められています。


 幡羅中は、子供たちに求められる資質や能力を育むために、教員が教えることはしっかりと関わり、「主体的・対話的で深い学び」の視点で、絶え間なく考え、授業の工夫・改善を図っていきます。

  
 幡羅中は、郷土の偉人渋澤榮一翁の「立志の精神」と「忠恕の心」を受け継ぐ教育を実践しつつ、高く志を掲げ、その実現に向けた挑戦(実践)をとおして、生徒に自信と誇りを持たせ、幡羅中の更なる躍進を図っていきます。
 

 深谷の子「6つの誓い」にあるような、当たり前のことを当たり前にできることや、共に学び、共に成長していく姿勢を大切にします。子供たちが日々の充実した生活を実現し、未来を創造していくためには、子供たちが多様な人々とのつながりを保ちながら学ぶことが大切です。社会に開かれた教育課程を意識します。


 幡羅中は地域とともに2030年の社会で活躍できる人材を育てます。その目指すところを地域と共有・連携しながら実現して参ります。今後とも幡羅中をどうぞよろしくお願いいたします。


 

 

 

 

 


 

 

学習支援コンテンツ

 家庭学習を行う際、学校から配布された課題だけでなく、以下の文部科学省から出されているwebサイト県立総合教育センターのwebサイト休校特設サイト「eboard」を利用して学習することもおすすめです!








logo_with_mission
 
カウンタ
2012.4.1より2103346
オンライン状況
オンラインユーザー7人

学力向上